ビタミンの重要性

内側から治療するメリット

アトピー性皮膚炎は、多くの方が悩まされている皮膚病と考えられています。男女問わず、赤ちゃんからお年寄りまでかかる皮膚病で、原因は特定されておらず、ステロイド外用剤を使用した対症療法が皮膚科の治療でもメインになることが多いようです。外用剤の治療で効果が出ることもありますが、薬をやめると症状が再発する場合は、体質改善を目的として、漢方薬やサプリメントの使用が有効となる場合もあるようです。 肌を強くしたり、かゆみを緩和する内服薬やサプリメントの使用は、アトピー肌の症状をもとから改善することが期待できるため、ステロイド外用剤の治療と合わせて行うことで、更に症状が緩和することが期待できるとして、多くの皮膚科の治療で取り入れられています。

アレルギーを起こしにくい体質に

アトピー性皮膚炎は、肌が乾燥気味である方がかかることの多い皮膚炎ですので、皮膚のバリア機能を上げることが重要視されています。 アトピー性皮膚炎の方は、様々な物質にアレルギーを起こしやすいと考えられており、そのアレルギーには腸内環境が深くかかわっていることがわかってきました。そのため、腸内環境を整えるサプリメントはアトピーだけでなく花粉症など、様々なアレルギーに効果が出ることが期待されています。 アトピー性皮膚炎は、ビタミン剤などのサプリメントを摂取することで症状が緩和することもあるようです。 ここ近年流行している治療法として、ビオチン、ビタミンC、整腸剤を組み合わせて摂取することで症状が緩和するケースが多いとして、治療に多く取り入れられています。