治療法

皮膚科での治療について

アトピー性皮膚炎は、老若男女問わず多くの方が悩まされている皮膚炎です。強いかゆみと赤い湿疹が特徴で、見た目にも目立つ湿疹が出ることから、精神的なダメージが深刻になることもあるようです。 アトピー性皮膚炎の治療において、第一選択肢になるのは皮膚科でのステロイド治療と考えられています。 ステロイドとは、副腎皮質ホルモンと呼ばれる医薬品で、外用することで強い抗炎症作用が期待できることから、多くの患者に処方されている薬です。 近年、外用薬で炎症を抑える以外に、湿疹が出にくくなるようなアプローチをする治療が増えており、効果が期待されています。たとえば、花粉やダニやホコリなど、アレルギー反応を起こしやすい物質を除去することで症状が軽減するケースもあるようです。

サプリメントを使用した治療法

アトピー性皮膚炎の治療には、サプリメントが有効というデータがあり、多くのドラッグストアで販売されているほか、皮膚科でも積極的に治療に取り入れられています。 アトピー性皮膚炎は、はっきりした原因が解明されていない皮膚炎ですが、ビオチンと呼ばれるサプリメントやビタミンC、整腸剤を併用することで多くの方に効果が出ているというデータがあります。ステロイド剤ほど顕著な作用はありませんが、様々な原因除去と並行してサプリメントを摂取することで、治癒に向かうケースがあるようです。 又、サプリメントでは皮膚の健康に大切とされるビタミンB群なども摂取することが推奨されています。 その他、規則正しい生活で自律神経を整えることがアトピー治療に効果的と考えられています。